医知場トップページ
医知場あいさつ
医知場とは
医知場ご利用方法
医知場プライバシーポリシー

医知場先生

医知場先生

立元 貴

内科医・医学博士

最新記事
カレンダー
2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
医療と医学がわかる情報サイト医知場

■ 医療と医学もっと身近に!! 以下のカテゴリーよりお入り下さい。

記事の詳細

ハムとカマボコ

2018-01-04更新
Print Friendly, PDF & Email

おせち料理も終わり、正月気分を少しだけ残して仕事が始まった。

 

私の家はプロパンガスを売る小さな自営業だったので、

年末はいつも忙しく、紅白に間に合うのがやっという年の瀬を送っていた。

その合間を縫って、大晦日に、おふくろと一緒にデパ地下で慌ただしく買い物をするのが、

私の正月の楽しみだった。

 

今どき笑われそうだが、

ハムというのは赤い縁取りのあるペラペラのものが、いつもの食事で、

おせちの時にだけ「白いロースハム」が食卓にでてきた。

それにたっぷりのマヨネーズをつけて食べるのが、私のいちばん好きなおせち料理であった。

皿には隙間を埋めるつもりなのか、赤やら白やら、これもいつもより上等のカマボコがハムの周りを囲んでいた。

私にとって、おせち料理の思い出は、白いハムとカマボコだ。

 

小学校も終わりごろになって、少しは家計に余裕ができたのだろうか、

海老や数の子が登場するのだが、今でも、おせち料理といえば、白いハムなのだ。

 

おかげさまで、今年もデパ地下で、白いハムを買い込み、

家族から「ハムばかり食べて」と言われながら、マヨネーズをいっぱいつけて、一人で食べている。

 


カテゴリー: エッセイ, 医知場先生日記 タグ: ,

皆様のコメントをお寄せ下さい♪




コメント内容


CAPTCHA