医知場トップページ
医知場あいさつ
医知場とは
医知場ご利用方法
医知場プライバシーポリシー

医知場先生

医知場先生

立元 貴

内科医・医学博士

最新記事
カレンダー
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
医療と医学がわかる情報サイト医知場

■ 医療と医学もっと身近に!! 以下のカテゴリーよりお入り下さい。

記事の詳細

今年はインフルエンザワクチンが不足しています

2017-10-12更新
Print Friendly, PDF & Email

今年は、インフルエンザワクチンの製造が例年より遅れており、

製造量も最終的に昨年より4%減る見通しです。

 

インフルエンザワクチンは、毎年、流行するウイルスの株が違うため、

流行しそうなウイルスの株型を予想して、ワクチンを製造しています。

A型、B型から2株ずつを選んだ4価ワクチンが作られているのですが、

このうち、A型株のひとつであるA/埼玉/103/2014(CEXP002)によるワクチンの製造効率が極端に悪いことがわかり、

株の選定を見直したため、製造開始が遅れたことが原因となっています。

 

例年ですと、今頃はワクチンを確保することができるのですが、

今年は流行開始までに確保できるかどうか、めどが立たない状況です。

 

これは、日本中の医療機関で同じ状況ですから、

医療機関での掲示やホームページ等でワクチンの納入状況を確認してください。


皆様のコメントをお寄せ下さい♪




コメント内容


CAPTCHA