医知場トップページ
医知場あいさつ
医知場とは
医知場ご利用方法
医知場プライバシーポリシー

医知場先生

医知場先生

立元 貴

内科医・医学博士

最新記事
カレンダー
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
医療と医学がわかる情報サイト医知場

■ 医療と医学もっと身近に!! 以下のカテゴリーよりお入り下さい。

記事の詳細

医療事故と医療過誤の違い

2012-08-16更新
Print Friendly, PDF & Email

現場にいる人間でも混同してしまう言葉に、医療事故と医療過誤があります。

 

医療事故は、医療に関わる場所で、医療の全過程において発生するすべての人身事故のことです。

事故という言葉は、医療従事者に過失があるような印象を与えるのですが、英語でいうと、エラーという意味になります。

作業がうまく行われずに起きてしまった、間違いです。

患者さんに損害が生じた場合だけでなく、医療従事者が損害を受けた場合を含めた、すべての事故が医療事故です。

医療事故という表現には、医療従事者の責任があるか、ないかということは含まれていません。

医療事故は、事故の総称です。

 

これに対して、医療過誤(いりょうかご)という言葉があります。

医療過誤は、医療事故の一類型であって、

医療従事者が、医療の遂行において、医療的準則に違反して患者に被害を発生させた行為、のことです。

つまり、一定の医療水準のもとでは、予期できた、慎重にやれば避けることができたことが、医療過誤です。

この場合、医療機関側に過失があるので、患者さん側に損害が生じれば、賠償責任が生じます。

 

医療事故=医療過誤ではありません。

医療事故を、すべて医療過誤と誤解されると、

患者さん側と医療機関側に、感情的なもつれが生じて、医事紛争のもとになります。

 

医療機関では、医療事故はシステムのエラーと考え、できるだけ減らす努力を続けています。

その一例が、ヒヤリ・ハット解析です。

ヒヤリ・ハットとは、患者さんに被害を及ぼすことはなかったが、

日常診療の現場で、“ヒヤリ”としたり、“ハッ”とした経験を有する事例のことです。

ヒヤリ・ハット事例は、蓄積され、リスクマネジメント担当チームが分析して、医療機関全体のシステム改善にフィードバックします。

 

それでも、医療事故をゼロにすることは難しいでしょう。

人は必ず間違えるものだからです。

 

患者さんを少しでも良くしようという目標は、

医療従事者も患者さん、患者さんの家族も同じはずです。

しかし、すべての病気が治癒することはなく、

私たちが考えているゴールと、

患者さん側が考えているゴールがずれていることはよくおきます。

 

患者さん側に現状を認識する力がないと、

私たちとしては自然と思える結果も、

患者さん側には思わぬ結果となり、

感情的なもつれに発展することがあります。

 

医療従事者と患者さん側のコミュニケーションが、いかにとれているかにつきるのですが、

自分が考えていることを、わかりやすく、正しく、誤解のないように伝えるのは、

本当に難しいことだと、いつも思っています。

 

[`evernote` not found]
LINEで送る

カテゴリー: 医知場先生日記 タグ: ,

コメント2件

  • どらえもん | 2017.07.10 0:24

    病院の対応が、今ひとつよく理解できないのでお教えください。
    妻が手根管手術を傷口小さく済むということで、内視鏡にて受けました。
    内視鏡での手術はスムーズに終了したようでしたが、内視鏡を抜くときに、
    無理やり妻や看護師も医者が呟いた抜けないという言葉
    その後の無理やり引き抜いた行動あり。
    術後の医者が言う言葉には、納得いかないと妻、手は腫れ上がり、今まで何ともなかった指が、
    うまく動かない、腫れは一段と腫れ上がり再三の妻の訴えにも
    僕は失敗していないの一点張りと、他の先生に聞いてもそのような事はある、だから僕のせいではなく
    他所からの痺れ痛みと言う事で、全く違う手術を勧められたりとしていくうち腫れ痛さとも限界になり
    他所の手の専門医に診察に行くと、緊急手術と言う事で、診察を受けました。
    手術の結果、神経を内視鏡が弄って寸断され癒着も始まり、手遅れ寸前の状態でした。
    その結果を、はじめ手術してくれた病院に伝えると、調査させてくれと1週間の予定が
    音沙汰なく、こちらから電話すると うやむや状態何度かあり、何度も再度手術した先生の結果状況を
    伝える中、事務長はじめ執刀医も、事実を認め謝罪ありました。
    しかし、謝罪はあったものの、こちら側にどうして欲しいのかとの一点張りで、こちらからの、要望
    院長先生はこの事についてどう思われているのか、少し話したいと伝えてるにもかかわらず、院長と会う、話すと言う事は
    コンプライアンス違反になるから、私たちが話を聞きますとのこと、それから数か月治療費は出してくれていると言うものの
    、長くなるにつれ、病院側の言うには、保険対応で保険屋の弁護士と話をしてください、病院側は一切お金は出しません
    と言う始末、
    半年たつも症状ほとんど良くならず、症状固定という判断になりました、自分たちは良く分からないですが、妻は、この後の
    仕事も付くことできず、毎日痛い思いしながら少しずつ良くなることに期待して、毎日リハビリに努めなくては成らないとのこと
    医療裁判は、費用も時間もかかるからと、やめた方がいいと、言われました。
    このままでは、定年まじかで収入も減っていくばかり、妻との二人三脚収入の予定も崩れ、途方に暮れかけています。
    支離滅裂な文で、すいません
    この気持ちうまく伝われば、幸いです

  • 医知場 | 2017.07.10 17:27

    個人情報に関することですので、匿名に変えさせていただきました。

    手術後に機能障害が残るようなケースは、医療過誤である可能性があり、
    まずは、医療訴訟に詳しい弁護士に相談されてはいかがでしょうか。
    医療裁判の費用や時間も含めて、まずは、弁護士に相談することが第一歩です。

    医療機関側としては落ち度が無いのに、訴訟をちらつかせて慰謝料を要求されることもあり、
    医療過誤と解釈されるような発言や態度を見せないようにしていることもあります。

    しかし、医療機関との交渉は、個人で行うには限界がありますので、
    法テラスなどの相談窓口を通して、まずは、弁護士と相談することをおすすめします。

皆様のコメントをお寄せ下さい♪




コメント内容


CAPTCHA