医知場トップページ
医知場あいさつ
医知場とは
医知場ご利用方法
医知場プライバシーポリシー

医知場先生

医知場先生

立元 貴

内科医・医学博士

最新記事
カレンダー
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
医療と医学がわかる情報サイト医知場

■ 医療と医学もっと身近に!! 以下のカテゴリーよりお入り下さい。

記事の詳細

子供の夜泣き、年寄りの不穏

2017-12-12更新
Print Friendly, PDF & Email

あまり漢方は得意ではないのですが、

認知症の患者さんの不穏症状に効果のある「抑肝散(よくかんさん)」という漢方薬があります。

保険適用のある薬です。

どんな症状に効くかというと、

神経症、不眠症、歯ぎしり、更年期障害、血の道症(女性ホルモンの変動に伴って現れる体と心の症状)、

子どもの夜泣き、かんしゃく(神経過敏)

(2017.12.7 ツムラHP閲覧)

 

つまり、子どもの夜泣きにも、高齢者の認知症患者さんにみられる興奮状態にも

効果がある薬ということになります。

 

こうしてみると、小さな子どもと、認知症の高齢者は似ているように思えます。

どちらも、言葉として自分の感情をうまく相手に伝えることができません。

お腹が空いたり、おむつが濡れていたり、さびしかったり、怖かったり、

そうしたイライラやストレスをうまく表現できません。

それが、夜泣きや不穏症状に繋がっているような気がします。

 

かわいい自分の子どもの夜泣きには、あやしたり、抱っこしたりと、つきっきりになるのですが、

一晩中、声をだしてあばれる年寄りに、つきっきりでつきあうことはできず、

やり場のないストレスを薬でごまかしてしまうのです。


皆様のコメントをお寄せ下さい♪




コメント内容


CAPTCHA