医知場トップページ
医知場あいさつ
医知場とは
医知場ご利用方法
医知場プライバシーポリシー

医知場先生

医知場先生

立元 貴

内科医・医学博士

最新記事
カレンダー
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
医療と医学がわかる情報サイト医知場

■ 医療と医学もっと身近に!! 以下のカテゴリーよりお入り下さい。

記事の詳細

死に化粧は看護師に

2016-03-11更新
Print Friendly, PDF & Email

 

亡くなった患者さんの体を拭いてきれいにし、チューブを抜いたり、傷口を保護して、化粧を施す。

こうした死後の処置のことを、エンゼルケアといいます。

死に化粧のことを、エンゼルメイクともいいます。

 

長い間、病気と闘ってきた患者さんは、痩せがすすんだり、体がむくんだり、

元気だった頃の様子とはずいぶん姿形が変わってしまいます。

亡くなった後、できるだけ姿をきれいに整えて、ご自宅にお返しするために行う、

エンゼルケアは看護師が行っていることが多いのです。

 

医療者として治療をしていく段階で、患者さんが亡くなるのは、避けられないとわかっていても、

そのときが訪れるのは辛いものですし、敗北感や喪失感に襲われます。看

護師も、心身が疲れているはずですが、プロとして黙々と仕事をこなす姿に頭が下がります。

エンゼルケアは、亡くなった方を少しでも穏やかな姿に戻してあげることで、

ご家族の心の痛みを和らげる、心のケアとしての側面もあります。

 

私には、薄化粧をして少し顔色が良くなった患者さんの寝顔に、ただ頭を下げることしかできません。

安らかにお眠りください。

 

エンジェル

 

 

 

 

 


皆様のコメントをお寄せ下さい♪




コメント内容


CAPTCHA