医知場トップページ
医知場あいさつ
医知場とは
医知場ご利用方法
医知場プライバシーポリシー

医知場先生

医知場先生

立元 貴

内科医・医学博士

最新記事
カレンダー
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
医療と医学がわかる情報サイト医知場

■ 医療と医学もっと身近に!! 以下のカテゴリーよりお入り下さい。

記事の詳細

胃が痛い、それは自己判断です

2017-03-22更新
Print Friendly

49歳の男性が、「胃が痛いから、胃カメラをするように言われたので予約に来ました」と受診されました。

病歴を聞くと、

「3日前から胃が痛く、吐き気があるので、近くのクリニックで胃薬をだしてもらったが、よくならない。

なんとなく背中も痛い。

前日には、病院の夜間外来で診察を受け、胃カメラを受けるように言われた。

胃薬で、吐き気や胃の痛みは少しよくなったが、胃カメラを受けに来た。」

ということだった。

 

「胃カメラの予約はしますが、ほかに病気が隠れているといけませんから、簡単な血液検査をしておきましょう。」

このときは、膵炎や胆石症の可能性もあると考えてした検査だったが、明らかに異常値があり、

あわてて、心電図検査をした結果は、

「心筋梗塞」

であった。

 

すぐに、カテーテル治療ができる病院に搬送し、事なきを得たが、心底肝を冷やした。

 

「胃が痛い」、「背中が痛い」と訴える患者さんが、

実は心臓の病気であるといったことは、ときどき経験するのだが、

先入観や思い込みは、判断力を鈍らせるということを、もう一度、肝に銘じよう。


コメント2件

  • トンネル | 2017.03.27 13:24

    いつも勉強になります。以前も、胃が痛いという患者さんのエピソードが掲載されていましたね。あの時は、採血とエコーで他の病気が発見されたと記憶しています。初診外来患者さんで、自己判断して病名までつけてご来院される方も確かにたまにおられますね。今は、ネットで自分の症状を入力すると病名が出てくる時代だとか、、、、。そういう時代にもそういう患者さんにもついて行けそうにありませんが、たつもと先生のような名医に出会えた患者さんは、ラッキーですね!これからも、いろんなエピソードをご教授下さい。

  • 医知場 | 2017.04.03 16:31

    せっかくのお褒めの言葉に、お返事が遅くなり恐縮です。
    同じようなエピソードが続くのは、私の記憶力の低下かもしれません。
    今後とも、お褒めいただける医者を目指して、努力していきたいと思います。

    ネットには情報が氾濫し、何でも解決できるような錯覚にとらわれることもありますが、
    やはり、地道な医師と患者さんのコミュニケーションが医療の基本なのだと、
    教えられることの多い毎日です。

皆様のコメントをお寄せ下さい♪




コメント内容


CAPTCHA