医知場トップページ
医知場あいさつ
医知場とは
医知場ご利用方法
医知場プライバシーポリシー

医知場先生

医知場先生

立元 貴

内科医・医学博士

最新記事
カレンダー
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
医療と医学がわかる情報サイト医知場

■ 医療と医学もっと身近に!! 以下のカテゴリーよりお入り下さい。

記事の詳細

薬はどうしてお茶やお湯で飲んではいけないのか

2017-01-04更新
Print Friendly, PDF & Email

そんな質問をいただきましたので、薬剤師さんに聞いてみました。

 

お茶はタンニンが含まれており、鉄剤と相互作用を起こし吸収が低下するといわれています。

ただし、最近では鉄剤も改善され問題ないといわれています。

お湯は、薬の添加物によっては固まってしまったり、

タンパク含有製剤では分解して効果が落ちてしまいことがあります。

またお湯は熱くて少しずつしか飲めないので、薬剤が食道に貯留してしまう恐れがあります。

他にもグレープフルーツジュースとの相互作用や、カルシウムとの相互作用など、

薬の効果に影響がでることがありますので、基本的に水か白湯で服用といわれます。

 

ということだそうです。

 

薬が本来の効果をだすためには、薬が体のなかに吸収される必要があります。

薬が早く溶け出したり、胃腸での吸収が悪くなったり、相互作用で薬の効果が弱くなれば、

十分な効果が現れないかもしれません。

 

そうは言いながら、今朝、薬をコーヒーで飲んでしまいました。

反省しています。


カテゴリー: お薬について, 薬の疑問 タグ: , ,

皆様のコメントをお寄せ下さい♪




コメント内容


CAPTCHA