医知場トップページ
医知場あいさつ
医知場とは
医知場ご利用方法
医知場プライバシーポリシー

医知場先生

医知場先生

立元 貴

内科医・医学博士

最新記事
カレンダー
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
医療と医学がわかる情報サイト医知場

■ 医療と医学もっと身近に!! 以下のカテゴリーよりお入り下さい。

記事の詳細

よくわかる診療報酬2014ー薬の料金

2014-04-14更新
Print Friendly, PDF & Email

薬を開発するには長い時間とたくさんのお金がかかります。そうしたコストをかけて開発されたオリジナルの薬がブランド品(先発品)です。

それに対して、オリジナルのまねをして作った、オリジナルとまったく同じ成分の薬をジェネリック(generic)、もしくは俗な言い方でゾロ品といいます。

先発品に対して、後発品ともよばれています。

基本的に、ブランドとジェネリックはまったく同じ薬ですが、多額の研究費をかけて作られたブランド品に比べて、あとからまねをして作ったジェネリックの薬価はかなり安くなっています。

もちろん、ジェネリックも国が認可した医薬品ですから、先発品と同じ効果があることが証明されています。

 

安い後発品を積極的に使って医療費を抑えようとする動きが高まっています。

後発品への変更は、処方した医師の確認をとることなく、調剤薬局と患者が相談して、自由にでき、かつ、薬の含量規格や剤形も変更することができます。

このとき、調剤薬局は処方した医師にあらためて処方の変更を確認することはありません。

つまり、医師の確認をとらずに、薬局と患者の相談で、10mg1錠を5mg2錠にかえたり、錠剤をカプセルや顆粒にかえていいことになります。

処方した医師が知らないうちに、薬が後発品に、しかも、規格や剤形まで変わってしまうのは心配です。

後発品に変更した場合は、調剤薬局は加算料金をもらいます。後発薬に変更すればするほど、料金の割り増しが増えるしくみです。

 

注2.後発医薬品使用体制加算(処方せん受付1回につき)

調剤薬のうち後発品の割合が55%以上 18点: 65%以上 22点

 

また、入院中の患者にも後発品を処方することをすすめ、後発品の採用が多い医療機関は入院時に料金が加算されます。

結局は、後発薬の導入を進めるために、割増料金を設定し、医療機関を誘導しているのですが、その負担は患者が払っているのです。

 

一般名処方加算 2点(処方せん交付1回につき)

後発品がある医薬品について、一般名処方を行ったとき

一般名処方では、有効成分が同じであれば、薬局はどの会社の後発医薬品でも調剤してよいことになります。

 

ほかにも、調剤薬局の薬剤師が、薬の説明や手帳への記載を行ったときは、料金がかかります。

サービスで薬の説明をしたり、手帳をくれるわけではないので、きちんと理解できるまで薬剤師に聞いてください。

薬剤服用歴管理指導料41点(処方せんの受付1回につき)

お薬手帳をつくって薬の管理をしたり、残薬の有無、後発医薬品への変更について情報提供などを行う

 

服薬情報等提供料:15点(月1回に限り)

薬局が、患者の服薬状況を医療機関に文書で報告したとき

 

病棟薬剤業務実施加算:100点(週1回)

薬剤師が病棟の業務を実施、


コメント2件

  • 匿名希望 | 2017.07.20 11:38

    ◯◯薬局△店では 不当な薬価差益をむさぼり利益を得ています。そこにはジェネリック医薬品メーカーが関わりエスカレートしています。技術料等も架空的請求をして目に余る事を悪びれもなくしています。こんなブラック薬局は徹底的に許してはいけないと考えます。

    *薬局名等につきましては、匿名で掲載させていただきます(医知場)

  • 匿名希望 | 2017.10.23 12:45

    私は薬価差益が問題だと考えています。ジェネリックメーカーは後発品が持て囃されているのを良いことにはっきり言って調子に乗っているのです。行政は消費者のことを考え差益の取り締まりをしなくてはいけません。◯◯薬局◯◯店では在宅業務で情報提供を怠っているのにレセプト請求しています。こんな悪徳薬局は許してはいけません。

    医知場より、投稿の一部を匿名とさせていただきました。

皆様のコメントをお寄せ下さい♪




コメント内容


CAPTCHA