医知場トップページ
医知場あいさつ
医知場とは
医知場ご利用方法
医知場プライバシーポリシー

医知場先生

医知場先生

立元 貴

内科医・医学博士

最新記事
カレンダー
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
医療と医学がわかる情報サイト医知場

■ 医療と医学もっと身近に!! 以下のカテゴリーよりお入り下さい。

記事の詳細

コレステロールが驚きの結果

2016-01-26更新
Print Friendly, PDF & Email

この度血液検査の結果で、総コレステロールが233、
LDLコレステロールが164、non-HDL182と驚きの結果が出てしまいました。
食事、運動等で改善するのでしょうか。
または薬は必要ですか、私は長い間、お肉や甘い物は、あまり好きではなく野菜、魚、納豆中心の食生活でした。でも、このような結果に残念としか言いようがありません。
ご意見と治療法を教えて頂ければ、とても嬉しいです。

更年期以降、女性ホルモンが減ってくると、コレステロールの異常がでてくるのが、
女性の脂質異常症の特徴です。
残念とお考えになる必要はありません。年齢の影響です。

もし、脂っこい食事に偏っているようでしたら、脂質の摂りすぎには注意が必要です。
ですが、大半の方は体質的な問題ですので、
血圧が高い、肥満傾向がある、血糖値が高いなど、
コレステロール値以外に異常がある場合は、内服薬が必要になることがあります。

コレステロール値のみの異常であれば、もう少し様子をみても構いません。

頸動脈エコーは動脈硬化の良い検査ですので、治療をするかどうかの目安になります。

いずれにしても、悲観することはありません。
採血検査で様子を見ながら、動脈硬化が起きているかどうかを検査し、
必要ならば、これからの予防薬として薬を飲めばいいのです。

あなたの生活習慣が悪いのではなく、
少し歳をとって、そろそろ薬の助けを借りる時期になったのかも知れません。

皆様のコメントをお寄せ下さい♪




コメント内容


CAPTCHA