医知場トップページ
医知場あいさつ
医知場とは
医知場ご利用方法
医知場プライバシーポリシー

医知場先生

医知場先生

立元 貴

内科医・医学博士

最新記事
カレンダー
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
医療と医学がわかる情報サイト医知場

■ 医療と医学もっと身近に!! 以下のカテゴリーよりお入り下さい。

記事の詳細

骨密度減少と予防

2017-01-12更新
Print Friendly

51才女性です。
数年前にたまたま骨密度を測ると、同年代の75%程度との結果でした。
特に偏食もなく、バランスよく食事はしてると思っています。
運動は、通勤のウォーキング(往復1時間程度)、つとめて歩く程度です。
ステロイドの服用もしたことはありません。
思い当たる原因はないのです。
気になって測定すると、年々数%ずつ減っていっています。
そこで質問ですが、予防的に今からでも骨粗鬆症の薬を服用しておくと効果がありますか。
また、飲み始める方がいいでしょうか。
高齢者になったときに、骨折をしたくありません。
よろしくお願いします。

ご質問ありがとうございます。

女性は閉経期を迎えると、女性ホルモンの減少に伴って、
急激に骨密度が減少します。

骨粗鬆症は、生活習慣だけでなく、体質的な問題もありますので、
不摂生でなるもんではありません。
もともと骨密度は低いようですから、年齢的にさらに骨粗鬆症が進行したものと思います。

骨粗鬆症も、早期発見、早期治療です。
今の段階から、骨粗鬆症の薬をのむことをおすすめします。

骨粗鬆症を治療して、骨折を予防し、
元気に毎日を楽しむために、今から飲み始めることが大事ですので、
かかりつけの先生、内科、整形外科の先生と相談してください。

カテゴリー: 医知場先生Q&A タグ: , ,

コメント1件

  • しおん | 2017.01.13 9:23

    先生、回答ありがとうございます。
    「なぜだろう?」とは思っていても、「早期発見」という認識がありませんでした。
    骨折もしたことはないし、背も縮んでないからなかなか治療のふんぎりがつきませんでした。
    でもこれから通る道、早期発見できてよかった!とわかり、婦人科の先生と相談して投薬をお願いします。
    母は年齢以上に骨密度があり、体質は親子でも違うところもあるという認識も持たないといけませんね。
    ありがとうございました。

皆様のコメントをお寄せ下さい♪




コメント内容


CAPTCHA