医知場トップページ
医知場あいさつ
医知場とは
医知場ご利用方法
医知場プライバシーポリシー

医知場先生

医知場先生

立元 貴

内科医・医学博士

最新記事
カレンダー
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
医療と医学がわかる情報サイト医知場

■ 医療と医学もっと身近に!! 以下のカテゴリーよりお入り下さい。

記事の詳細

食後の血液はドロドロ

2013-06-14更新
Print Friendly, PDF & Email

採血の検査があるときは、朝食は抜いてくるのが当たり前。

患者さんも、検査をする側もそうしてきたので、

血液検査の数値は、たいてい空腹時採血の結果をもとにしている。

ところが、実は、食後の採血検査も大事なことがわかってきた。

 

糖尿病やメタボリックシンドロームの患者さんには、

食後、中性脂肪や悪玉コレステロールの数値が、極端に上がってくる人がいる。

これを、食後高脂血症という。

食後の血糖値が高い人も多く、これは、食後高血糖。

こうした食後の高脂血症や高血糖が、

動脈硬化を進行させる大きなリスクであることがわかってきた。

 

ところが、病院での採血は食前、空腹時に採血することが多いので、

食後の異常がわからないままになっているのだ。

 

血液中の脂質は、食事をする3-4時間で増え、徐々に減っていく。

その頃には、次の食事の時間がくるので、結局、1日の大半は、食後。

空腹となるのは、夜間から朝にかけてのわずかな時間である。

空腹時の検査は、いつもの時間帯よりは、だいぶ良い数字になっている。

 

そこで、食後に脂質や血糖が上昇している可能性がある患者さんには、

採血をする日に、食事をしてきてもらうことがある。

採血の日は、食事抜きと思い込んでいる患者さんからは、

けげんな顔をされることがあるが、こういう事情なのだ。


皆様のコメントをお寄せ下さい♪




コメント内容


CAPTCHA