医知場トップページ
医知場あいさつ
医知場とは
医知場ご利用方法
医知場プライバシーポリシー

医知場先生

医知場先生

立元 貴

内科医・医学博士

最新記事
カレンダー
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
医療と医学がわかる情報サイト医知場

■ 医療と医学もっと身近に!! 以下のカテゴリーよりお入り下さい。

記事の詳細

尿酸値の目安は、6-7-8

2010-03-10更新
Print Friendly, PDF & Email

痛風は、尿酸が関節の中にたまり、炎症を起こして、歩けないほどの激しい痛みをきたす病気である。
痛風は、血液中の尿酸が高くなる、高尿酸血症が原因となる。
高尿酸血症の治療を適切に行わなければ、再発を繰り返すことが多い。

尿酸値の簡単な目安になるのが、6-7-8ルール。

これは尿酸値が、
6台:正常
7台:生活習慣の指導
8以上:薬物療法

ただし、痛風発作をおこしたことのある人は、たまった尿酸を除くために6以下に保つことが望ましい。

注意点としては、痛風は、これまで関節内に蓄積している尿酸が起こしたもので、必ずしも発作が起きた時に尿酸値は高くない。

また、治療中に、急に尿酸値が下がって、かえって発作が起きることがある。

食事や運動不足などの生活習慣の改善が一番重要だが、尿酸値が限度を超えて高ければ、薬が必要なので、血液検査をみながら医者と相談してほしい。

 


皆様のコメントをお寄せ下さい♪




コメント内容


CAPTCHA