医知場トップページ
医知場あいさつ
医知場とは
医知場ご利用方法
医知場プライバシーポリシー

医知場先生

医知場先生

立元 貴

内科医・医学博士

最新記事
カレンダー
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
医療と医学がわかる情報サイト医知場

■ 医療と医学もっと身近に!! 以下のカテゴリーよりお入り下さい。

記事の詳細

肺癌と遺伝子

2014-07-15更新
Print Friendly, PDF & Email

癌の化学療法(抗癌剤治療)は、組織の分類や、遺伝子変異の有無によって、

最適な治療法が変わってくる。

 

正常な細胞が、遺伝子に異常を起こして、癌細胞に変化する。

この遺伝子異常のしくみがわかれば、そこを選択的にねらった治療ができるようになる。

こうした薬は、分子標的薬といわれる。

 

いまのところ、肺癌の分子標的薬のターゲットになる遺伝子は、

EGFRとEML4-ALK

 

それぞれに薬が開発されているが、その遺伝子に異常がある人にしか効かない。

いわゆる、オーダーメイドの治療薬である。


皆様のコメントをお寄せ下さい♪




コメント内容


CAPTCHA