医知場トップページ
医知場あいさつ
医知場とは
医知場ご利用方法
医知場プライバシーポリシー

医知場先生

医知場先生

立元 貴

内科医・医学博士

最新記事
カレンダー
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
医療と医学がわかる情報サイト医知場

■ 医療と医学もっと身近に!! 以下のカテゴリーよりお入り下さい。

記事の詳細

オレンジプラン、はじまる

2013-08-29更新
Print Friendly, PDF & Email

認知症の人は65歳以上の約15%、440万人と推定されている。

さらに、認知症と正常の境界にあたる軽度認知障害の人が、約380万人。

2025年には、高齢者の8人に1人が、介護を必要とする認知症になると考えられている。

 

そこで、認知症施策推進5か年計画、いわゆる「オレンジプラン」が2013年度から始まった。

オレンジプランでは、認知症の患者さんを、より早期に診断、治療をして、できる限り、在宅での生活を続けることを目標にしている。

 

いままで、症状がいよいよ悪化してから事後的に対応していた認知症の患者を、

より早期に対応するために、新たに作られるのが、「認知症初期集中支援チーム」。

初期支援チームは、看護師や作業療法士と、医師で構成され、

認知症が疑われる段階、認知症の診断を受けているが介護サービスを受けていない高齢者を、

積極的に自宅訪問してアドバイスを行う、機動部隊である。

この初期支援チームは、現在、試行段階で、

2015年度から、正式に立ち上がる予定です。

 

 


皆様のコメントをお寄せ下さい♪




コメント内容


CAPTCHA