医知場トップページ
医知場あいさつ
医知場とは
医知場ご利用方法
医知場プライバシーポリシー

医知場先生

医知場先生

立元 貴

内科医・医学博士

最新記事
カレンダー
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
医療と医学がわかる情報サイト医知場

■ 医療と医学もっと身近に!! 以下のカテゴリーよりお入り下さい。

記事の詳細

糖尿病手帳

2010-03-10更新
Print Friendly, PDF & Email

このページを印刷し、記入例を参考にして検査値を書き込んでください。
HbA1cが11以上の場合は、グラフの最上段に記入してください。
食後の血糖値を測定したとき、たとえば食後2時間後の血糖値は、178②と書いてください。
おおまかな時間で結構です。

DMnote.gif

【監修】 医知場
この糖尿病手帳は医知場が作成したもので、医師からの配布、市販は行っていませんので、ホームページを印刷して使用してください。 

コントロールの評価 不可
HbA1c (%) 5.8未満 5.8-6.5 6.6-7.9 8.0以上
空腹時の血糖値 100未満 100-119 120-139 140以上
食後2時間の血糖値 120未満 120-169 170-199 200以上

グリコヘモグロビン(HbA1c:ヘモグロビン・エイ・ワン・シー)

ヘモグロビンは血液の赤い色素で、体のすみずみに酸素を運びます。血糖が高いと、糖がヘモグロビンに結合して離れなくなります。HbA1cは採血の前4週間の平均的な血糖値を反映しています。合併症の発生や進行を予防するために、HbA1cをできるだけ正常値に近づけることが重要です。

糖尿病や腎臓病を合併した高血圧では130/80mmHgが治療目標になります。

[`evernote` not found]
LINEで送る

皆様のコメントをお寄せ下さい♪




コメント内容


CAPTCHA