医知場トップページ
医知場あいさつ
医知場とは
医知場ご利用方法
医知場プライバシーポリシー

医知場先生

医知場先生

立元 貴

内科医・医学博士

最新記事
カレンダー
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
医療と医学がわかる情報サイト医知場

■ 医療と医学もっと身近に!! 以下のカテゴリーよりお入り下さい。

記事の詳細

HbA1c(ヘモグロビン・エー・ワンシー)の値が、国際標準値に一本化

2014-04-03更新
Print Friendly, PDF & Email

HbA1cは、1ヶ月間の血糖の平均値を見る検査で、糖尿病のコントロールを把握する大事な数値です。

今年(平成26年)の4月1日から、HbA1cの数値が、国際標準値(NGSP値)のみの記載になりました。

これまでは、従来値(JDS値)と、国際標準値が併記されていたのですが、4月1日から、国際標準値のみが使われています。

 

新しい値は、従来値より0.4ほど高いので、

糖尿病の患者さんのなかには、「自分の病気が急に悪くなったのではないか」と心配される方もいらっしゃるかも知れません。

 

でも、基準値が変わっただけですから。

前回の診察時のHbA1c値も、JDS、NGSPの2種類の数値がカルテには残っているので、

その数値を比べて悪化していなければ、心配いりません。


皆様のコメントをお寄せ下さい♪




コメント内容


CAPTCHA