医知場トップページ
医知場あいさつ
医知場とは
医知場ご利用方法
医知場プライバシーポリシー

医知場先生

医知場先生

立元 貴

内科医・医学博士

最新記事
カレンダー
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
医療と医学がわかる情報サイト医知場

■ 医療と医学もっと身近に!! 以下のカテゴリーよりお入り下さい。

記事の詳細

ピロリ菌を除菌しても、胃がんにならないわけではない

2017-11-01更新
Print Friendly, PDF & Email

ピロリ菌は小児期(ほぼ6歳以内)に口から感染し、

胃の粘膜に定着して感染した状態が持続します。

ピロリ菌に感染すると、慢性胃炎をおこし、

年間0.3%程度の頻度で胃がんが発生します。

 

ピロリ菌の感染の80%以上が、親から子へ感染する家族内感染と考えられています。

5歳までに感染が成立すると、生涯にわたって感染は持続します。

薬物を使わなければピロリ感染がなくなることはなく、

胃の粘膜は萎縮し、慢性胃炎となります。

 

成人になってからピロリ菌が感染しても、一時的に急性胃炎を起こすことはあっても、

生涯にわたって持続感染することは少ないです。

 

現在の日本におけるピロリ菌感染者は3600万人と推定されています。

しかし、現在の中学、高校生の感染率は3−5%ほどに低下しており、

今後、ピロリ菌感染者は着実に低下していくと思われます。

 

ほとんどの胃がんは、ピロリ菌感染に伴う慢性胃炎を背景として発生していますので、

ピロリ菌除菌によって胃がんの発症が予防できます。

しかし、ピロリ菌除菌後も完全には胃がん発生はなくなりません。

一度、萎縮した胃の粘膜は元には戻らないからです。

除菌により胃粘膜の炎症が改善し、胃がんのリスクはずいぶんと減りますが、

未感染者と比べると胃がんリスクははるかに高いのでフォローが必要です。

とくに除菌をしたときに、すでに高齢であった男性は胃粘膜の萎縮がすすんでいるので、

リスクが高いといわれています。

ピロリ菌を除菌した後も、定期的な検査(胃内視鏡検査)は必要です。


皆様のコメントをお寄せ下さい♪




コメント内容


CAPTCHA