医知場トップページ
医知場あいさつ
医知場とは
医知場ご利用方法
医知場プライバシーポリシー

医知場先生

医知場先生

立元 貴

内科医・医学博士

最新記事
カレンダー
2016年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
医療と医学がわかる情報サイト医知場

■ 医療と医学もっと身近に!! 以下のカテゴリーよりお入り下さい。

記事の詳細

BNP、血液検査でわかる心不全

2011-01-19更新
Print Friendly

心臓は血液を体中に回すポンプの役割をしている。高血圧が続いたり、心臓の血管がつまったりすると、

心臓の機能が低下して十分に働かなくなる。これを、心不全という。

心臓の機能を検査する方法には、レントゲンで心臓の大きさをみたり、超音波で心臓の動きをみる方法があるが、

血液の検査で心不全の程度が分かるようになってきた。

 

BNP、脳性ナトリウム利尿ペプチドは、心臓の機能が低下して心不全になってくると、

心臓での合成が高まり、血液中に増えてくる。

血液検査で、BNPの数値が高いと、心臓の機能が低下している証拠になる。

つまり、BNPは心不全で増加する。また、BNPの値は、心不全の重症度を反映する。

ただし、血液検査だけで心臓の機能が分かるわけではないので、他の検査と組み合わせて判定することになる。

採血で分かる簡単な検査だからといって、BNPの数値だけで心臓の機能が分かるわけではない。

しかし、血液検査である程度の見当がつくBNPは大変優れもので、治療の参考になる検査だ。


コメント16件

  • ぶす | 2012.07.12 15:00

    このたび、外科病棟で、心不全の勉強会を依頼され、資料作成に奮闘しているところ、このサイトにめぐり合うことが出来ました。
    BNPについて調べさせていただきました。
     他のサイトでは、「18.4以下、18.5~39で軽度の心疾患の疑いがあり、40~99で心疾患疑い、100以上では心不全の疑い…」と書かれている物もありましたが、これも間違いではないのでしょうか?
     臨床で数年働いてきましたが、基礎に戻り、人に説明するということがこんなにも難しいのか、と痛感しております。
    今後とも、いろいろと参考にさせていただきたいと思っております。

  • 医知場 | 2012.07.12 17:26

    ぶすさん、(ぶすではないと思いますが)、
    コメントありがとうございます。

    慢性心不全治療ガイドライン
    http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2010_matsuzaki_h.pdf
    では、100超で心不全を疑い、
    さらに、心エコーなどの検査を行うように記載されています。

    こちらこそ、また、教えてください。

  • 池田和浩 | 2015.01.20 17:35

    86歳の女性の方ですが、昨日定期受診で血液検査をされご本人がデーターをもらってきており、見てくださいと言われ
    データーを確認したところ、BNPが595.1の値でした。
    主治医からは何もコメントはなかったそうですが、このまま放置してても大丈夫でしょうか?一人暮らしで脳梗塞の後遺症で
    で左麻痺のある方です。非常に心配なんですが、、、

  • 医知場 | 2015.01.21 8:32

    コメントありがとうございます。
    BNPが500を超えていますので、定期的な血液検査は必要と思います。
    高齢ですので、心機能の低下は、ある程度仕方ないとところですが、
    今後、息切れ、息苦しい、むくみなどの症状がでれば、
    心不全を疑い、さらに、心エコー検査などが必要と思います。

    まずは、BNPのフォローアップで、数値が上昇しないかを確認することですが、
    おそらく、主治医は、その方針で経過をみているのだと考えます。

  • ナカニシ タロウ | 2015.08.21 20:49

    突然失礼します。81歳の母が股関節手術前検査でBNP値1700となり、来週紹介された専門医を受診します。それまで日常生活で気をつけることはありますか?すぐにでも入院した方がいいレベルかと思いましたが・・・程度が想像もつかず、ただ心配している状態です。

  • 医知場 | 2015.08.22 13:23

    ナカニシさん、コメントありがとうございます。
    確かに、BNP値が高いので心臓の機能は、ある程度、低下しています。
    しかし、心臓の機能は、BNPの値だけ判断できるものではありません。
    あくまでも、参考値です。
    手術や麻酔に耐えうる心機能かどうかを、エコー検査などで、より正確に判定します。

    今まで、日常生活が送れていたのですから、あわてて、入院する必要はないと思います。
    まず、専門医の診察をお待ちください。

    日常生活に制限をかける必要はありませんが、疲れを残さないように、
    疲れを感じたら、ゆっくりしてください。
    暑い日中に出歩くのは、控えましょう。
    血圧が高いようでした、ご自宅で、朝起きたときの血圧を測り、
    先生に教えてあげてください。
    いずれにせよ、あわてる必要はありませんので、
    落ち着いて、先生の判断を待ってください。

    こうした質問は、医知場をご覧の皆さんにお知らせしたいので、
    次回は、ぜひ、Q&Aコーナーをご利用ください。

  • トオル | 2015.10.20 23:42

    81歳の女性ですが2012/12心臓冠動脈バイパス手術、左心室僧帽弁交換手術をしましたが手術時に右の肺を60%潰しています、退院後月2回の往診に来て頂いています、年2回心エコーレントゲン血液検査等していますが最近足の浮腫があり背中が痛い等の症状があったのでレントゲン撮影CT撮影血液検査等しました心臓が大きくなりBNPも600です心不全が急に悪くなったのでしょうか?

  • 医知場 | 2015.10.21 8:22

    トオルさん、コメントありがとうございます。
    確かに、心不全が悪化している可能性はあります。
    BNPは、経過をみていくのに良い指標ですから、数ヶ月ごとに検査をしながら、
    薬などを調整していけば良いと思います。
    ただ、BNPだけでなく、心臓の大きさ(心拡大)や心電図など、他の検査との総合的な評価になりますから、
    数値の解釈については、主治医にお尋ねください。

  • トオル | 2015.10.21 16:42

    医知場様ありがとうございます参考になります。

  • 医知場 | 2015.10.21 17:02

    Q&Aコーナーでも、ご質問を受け付けていますので、
    次回は、Q&Aコーナーへのご質問をお待ちしています。

  • りん | 2015.11.22 21:41

    78才の母の件です 先日内科で検査したらBNPの値が531もありました 内科では薬の処方もなく経過を見ると言うことでした 本人は比較的元気ですが疲れたやすいと話してます このまま治療もせず大丈夫なのか心配です 一応高血圧の治療は前から続けています 突然死とかになることなどないのでしょうか どうしたらよいか家族みんなで心配してます

  • 医知場 | 2015.11.24 9:51

    りんさん、コメントありがとうございます。
    BNPの値は400以上で、心臓の機能低下はあるとおもいます。
    体のむくみ、息切れなどの心不全徴候がなければ、
    高血圧の薬には,心不全予防効果がありますから、その薬を続けることが何よりの治療です。
    BNPは、数ヶ月に1回、採血する程度で十分ですから、まずは先生の指示に従ってください。
    現状では、今の内服を継続し、経過をみていくことが、立派な治療です。
    体調が悪化した場合は、もちろん、主治医の先生に相談してください。

    ご家族の方、ご心配だと思います。ご心配なところは、主治医の先生とも直接、相談されてはいかがでしょう。
    こうした質問は、みなさん感じられているものですから、次回は、Q&Aコーナーへの投稿をお待ちしています。

  • noguchi | 2015.12.26 15:12

    初めまして ここでご質問させていただいてよいのか悩みましたが、とても心配なので質問させていただきます。
    81歳の父のことなのですが、昨日、血液検査でBNPの数値が2848もあり尋常ではない数値に家族一同驚き、また
    何の治療も薬もなく病院から帰ってきましたが、入院させなくて大丈夫でしょうか?
    浮腫みもひどく、息苦しそうで食欲もなく年末年始自宅で過ごしても体調が急変するようなことはないでしょうか?
    御返事いただけたらありがたいです。

  • 医知場 | 2015.12.28 11:29

    noguchiさん、コメントありがとうございます。
    お父様のご病状、ご心配のことでしょう。

    BNPの数値からは、心臓の機能はかなり低下していると思います。
    ただし、この数値だけで判断できるものではありません。
    お父様の場合は、前回の数値から大きく変化しているかどうかも大事です。
    すでに、心不全の薬は内服されているのではないかと思います。
    高齢でもありますし、これ以上の内服治療は効果がないと、医師が判断しているかも知れません。
    もちろん、入院の必要があれば、医師から指示があるはずです。

    現状は、心不全が悪化しているのか、それに対して治療の余地があるのか、
    自宅での生活は安静が必要なのか、など、率直に主治医にお聞きになれば良いと思います。
    高齢者の心不全の場合は、入院してその場限りで治療するよりも、
    患者のQOLを考えて治療しているはずですので、数値を自己判断するより、
    主治医とお話しされたらいかがでしょうか。

    よろしければ、次回は、Q&Aコーナーへのご投稿もお待ちしています。

    お父様の回復をお祈りしています。
    よいお年をお迎えください。

  • noguchi | 2015.12.28 20:32

    先生のご見解、参考になりましたし少し安心しました。
    父には別の持病があり血液内科の先生に診ていただいているので、心臓の専門医に
    受診したほうがいいか悩んでいます。

    昨日より、少しですが状態が良くなっているようなので年明けに病院へ行ってみようと思います。
    受診は心臓外科でよいのでしょうか?

    年末のお忙しいところありがとうございました。
    先生もどうぞよいお年をお迎えください。

  • 医知場 | 2015.12.29 8:12

    noguchiさん、コメントありがとうございます。
    貧血などの血液疾患があると、心不全の管理も難しくなります。
    血液内科の主治医も、循環器内科の先生と相談しながら、心不全の治療をしているはずです。
    ちなみに、心臓の内科治療は、循環器内科が専門になります。
    心臓外科は、心臓の血管や弁などの外科治療が専門です。
    循環器内科を受診されるときは、かかりつけの先生から、紹介状とデータを書いてもらいましょう。
    いくら専門といえど、まったくの初診で、背景がわからないと、病気の状態が把握できません。
    まず、かかりつけの先生に率直に、循環器内科を受診したいと相談されてはいかがでしょうか。

    年末の慌ただしい時期ですので、心と体のケアにお努めください。
    新しい年が良い年となりますように、お祈りいたします。

皆様のコメントをお寄せ下さい♪




コメント内容


CAPTCHA