医知場トップページ
医知場あいさつ
医知場とは
医知場ご利用方法
医知場プライバシーポリシー

医知場先生

医知場先生

立元 貴

内科医・医学博士

最新記事
カレンダー
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
医療と医学がわかる情報サイト医知場

■ 医療と医学もっと身近に!! 以下のカテゴリーよりお入り下さい。

記事の詳細

二日酔いとアルコール依存症

2010-03-28更新
Print Friendly, PDF & Email

金曜日の送別会で飲み過ぎて、翌日は二日酔いであった。今年の送別会は、送られる人が多くて、異動する人、ひと休みする人、キャリアアップを目指す人などなど。しかも、優秀な人ばかりで、いっぺんにこれだけの人材を失って、4月からが不安である。

それで、というのは言い訳なのだが、深酒をしてしまった。ところどころ、記憶がない。なにかやらかしてないか、不安である。

飲み会の次の日は、ちょっと自己嫌悪になる。医知場の記事に、アルコール依存のセルフチェックがあるのだが、飲酒中に記憶を失うのは問題のある飲み方。これもまた、反省した。

自分で書いたアルコール依存症の記事を読み返すと、

  1. あなたは今までに、自分の酒量を減らさなければいけないと感じたことがありますか?
  2. あなたは今までに、周囲の人に自分の飲酒について批判されて困ったことがありますか?
  3. あなたは今までに、自分の飲酒について良くないと感じたり、罪悪感をもったことがありますか?
  4. あなたは今までに、朝酒や迎え酒を飲んだことがありますか?

このうち、2項目以上あてはまると、アルコール依存症の疑いがあるらしい。

今は、1と3が当てはまるので、ちょっと問題のある飲酒になる。

次からは、酒の量を加減しようと、飲み会への参加は前向きな二日酔いの朝であった。

自分の酒癖に自信のない人は、アルコール依存症のセルフチェックをしてみましょう。下のリンクから、医知場のアルコール依存症の記事をご覧ください。

>> 医知場 「アルコール依存症」


皆様のコメントをお寄せ下さい♪




コメント内容


CAPTCHA