医知場トップページ
医知場あいさつ
医知場とは
医知場ご利用方法
医知場プライバシーポリシー

医知場先生

医知場先生

立元 貴

内科医・医学博士

最新記事
カレンダー
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
医療と医学がわかる情報サイト医知場

■ 医療と医学もっと身近に!! 以下のカテゴリーよりお入り下さい。

記事の詳細

褥瘡(じょくそう)の由来を調べてみた

2011-02-24更新
Print Friendly, PDF & Email

床ずれのことを、医学用語で「褥瘡(じょくそう)」という。

調べてみると、褥は敷き布団、瘡は皮膚病のことだそうだ。

布団で寝たきりになってできる皮膚の傷という意味で、確かに、そのとおりだ。

英語では、pressure ulcerといい、長時間皮膚に圧力が加わって皮膚の表面が傷ついた状態ということで、これも正しい。

bedsoresという表現もあり、これは、ベッドで痛むところという意味がある。

ベッドの寝たきりの状態が続くと、どうしても起きてしまうのが、褥瘡。

しゃべれない患者さんも、痛みを感じている傷である。


皆様のコメントをお寄せ下さい♪




コメント内容


CAPTCHA