医知場トップページ
医知場あいさつ
医知場とは
医知場ご利用方法
医知場プライバシーポリシー

医知場先生

医知場先生

立元 貴

内科医・医学博士

最新記事
カレンダー
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
医療と医学がわかる情報サイト医知場

■ 医療と医学もっと身近に!! 以下のカテゴリーよりお入り下さい。

記事の詳細

甲状腺機能の血液検査

2011-10-31更新
Print Friendly, PDF & Email

甲状腺には、会社でいえば、上司がいます。

脳の視床下部と、下垂体です。

視床下部は下垂体を調節し、下垂体が甲状腺を調節しています。

下垂体から甲状腺刺激ホルモン(TSH)がでて、甲状腺で甲状腺ホルモンを作る指令をだします。

甲状腺ホルモンには、T3とT4の2種類がありますが、活性の高いT4を測るのが一般的です。

くわしく言うと、甲状腺ホルモンは血液中のタンパク質に結合しているものと、タンパク質から遊離しているものがあり、

遊離しているものがホルモンとして機能するため、遊離型のホルモンであるFT4(free T4)を測ります。

 

甲状腺ホルモンが過剰になると、TSHの分泌が抑えられて、甲状腺ホルモンが減少します。

これをネガティブ・フィードバック機構といい、甲状腺ホルモンが一定の量になるように調整されています。

 

甲状腺の機能が亢進すると、甲状腺ホルモンが増え、ネガティブ・フィードバック機構が働いて、甲状腺刺激ホルモンが減ります。

逆に、甲状腺の機能が低下すると、甲状腺ホルモンが減り、それを補うために、甲状腺ホルモンが増えます。

つまり、FT4とTSHの2つのホルモンの量を血液検査で測定し、甲状腺機能を大まかにチェックすることができます。


カテゴリー: 検査, 病気について タグ: ,

皆様のコメントをお寄せ下さい♪




コメント内容


CAPTCHA