医知場トップページ
医知場あいさつ
医知場とは
医知場ご利用方法
医知場プライバシーポリシー

医知場先生

医知場先生

立元 貴

内科医・医学博士

最新記事
カレンダー
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
医療と医学がわかる情報サイト医知場

■ 医療と医学もっと身近に!! 以下のカテゴリーよりお入り下さい。

記事の詳細

食事を抜いてお越しください

2015-05-12更新
Print Friendly, PDF & Email

これは、医者からみると、あたりまえのことだと思っているのだが、

意外とわかってもらっていないので、お話ししておきます。

 

たとえば、会社の健康診断で、コレステロール、中性脂肪、血糖値などの数値がひっかかりました。

と言って、要再検、要精密検査、と書かれた結果表を持って、外来に来られる方がいらっしゃいます。

基本的には、採血の検査は、8時間以上の空腹時間が必要です。

食事の影響が少ない採血の項目もあるのですが、原則的には、空腹時採血の方が信頼性があります。

そのとき、血圧の薬など、食事を抜いても効果と関係のないものは飲んできて構いません。

糖尿病の薬などは、内服した後、食事なしの時間が続くと、低血糖になってしまうので、

受診する病院などに事前に相談してください。

採血の時には、水分はとっていいです。

エコー検査や、CT検査などは、当日に検査できないこともあるので、

これも、事前に相談された方がいいでしょう。

 

この前、中性脂肪が高いと言われた方が、昼ご飯に肉うどんを食べてすぐに、外来にやってこられました。

これでは、検査ができません。

脂質、糖質が高い食事をして、時間が空いたので検査しとこう。

それは、勘弁してください。


カテゴリー: 検査, 病気について タグ: ,

皆様のコメントをお寄せ下さい♪




コメント内容


CAPTCHA