医知場トップページ
医知場あいさつ
医知場とは
医知場ご利用方法
医知場プライバシーポリシー

医知場先生

医知場先生

立元 貴

内科医・医学博士

最新記事
カレンダー
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
医療と医学がわかる情報サイト医知場

■ 医療と医学もっと身近に!! 以下のカテゴリーよりお入り下さい。

記事の詳細

これも知らない、CKD

2012-09-24更新
Print Friendly, PDF & Email

CKD(シーケーディー)は、慢性腎臓病のことです。

日本の成人の8人に1人、1300万人以上の患者さんがいると推計されています。

高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病は、CKDの原因になります。

さらに、CKDがあると、心筋梗塞や狭心症、脳卒中など、血管がつまる病気になる危険が増えます。

 

CKDの初期は、ほとんど症状はありません。

貧血や、からだのむくみ、だるさなどの症状がでてくるのは、進行してからのことが多いのです。

CKDは早くみつけて、早く治療を始めることが大事な病気です。

とくに、血圧は厳密に管理する必要があります。

 

CKDは、腎臓の働きを検査することで、みつけることができます。

腎臓の働きは、尿検査と血液検査でチェックすることができます。

とくに、高血圧や糖尿病などの病気をもっている方は、定期的な検査が必要です。

 


皆様のコメントをお寄せ下さい♪




コメント内容


CAPTCHA