医知場トップページ
医知場あいさつ
医知場とは
医知場ご利用方法
医知場プライバシーポリシー

医知場先生

医知場先生

立元 貴

内科医・医学博士

最新記事
カレンダー
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
医療と医学がわかる情報サイト医知場

■ 医療と医学もっと身近に!! 以下のカテゴリーよりお入り下さい。

記事の詳細

腎臓が悪いと、貧血になる

2012-06-01更新
Print Friendly, PDF & Email

腎臓に送られる酸素の濃度が低下すると、腎臓はエリスロポエチンというタンパク質をつくります。

エリスロポエチンは、赤血球を増やす働きがあります。

腎臓は、貧血のセンサーとしての機能があります。

腎臓の働きが低下すると、エリスロポエチンの反応が低下し、貧血がすすみます。

これを、腎性貧血といいます。

腎機能の低下がすすむと、貧血もひどくなります。

腎性貧血の治療には、エリスロポエチンの注射が必要になることがあります。


皆様のコメントをお寄せ下さい♪




コメント内容


CAPTCHA