そとであそべますように

福島原発で小中学校が休校になっている南相馬市の一部では、避難区域の外にある学校に、子どもたちがバスで通学しているそうだ。

ところが、その小中学校では学生数の急増に設備が追いつかず、子どもたちは放射線の汚染で校庭で遊ぶこともできずに、一日中、エアコンのない校舎で勉強をしている。

学校の七夕の短冊には、「そとであそべますように」と願いがかけられていた。

神さま、お願いです。

南相馬市の子どもたちの願いを叶えてください。

そのために、私たちはどうすればいいのかを、教えてください。

 

 

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です