まだまだ知らない、COPD

COPD(シーオーピーディー)は、肺が慢性的な炎症をおこして空気の流れが悪くなり、十分な酸素の取り込みが難しくなる病気です。

COPDは、肺の生活習慣病ともいわれるほど、よく見かける病気です。

学会などでも啓蒙しているのですが、言葉がとっつきにくいこともあってか、まだまだ認知度が低いようです。

COPDは日本人の死亡原因の第10位なのですが、がんや心臓病、脳卒中にかくれて、その怖さがもうひとつ知られていません。

 

COPDは、咳や痰、息切れが主な症状で、放置するとゆっくりと肺の機能が低下し、日常生活に支障をきたすようになります。

COPDの9割はタバコが原因で、逆に言うと、タバコを吸う人はCOPDの予備群か、もうCOPDになっているかも知れません。

初めのうちは、咳や痰や息切れなどで、タバコの吸いすぎ、歳のせいと簡単に考えているのですが、

だんだん進行すると、普通の生活にも支障来すようになり、肺機能の低下や肺炎を合併して死亡します。

 

簡単な「呼吸チェックシート」がありますので、みなさんでセルフチェックをしてみましょう。

グループ1

1.40歳以上ですか? □

グループ2

1.毎日タバコを吸っていますか? 今は止めていても、過去に10年以上喫煙していたことがありますか? □

2.家族や職場の空気環境に問題はありませんか? □

(家族に喫煙者がいる、交通量が多い場所に住んでいる、仕事で化学物質を扱っている など)

グループ3

1.咳や痰が出ていませんか? □

2.階段を上ったり、軽い運動をするときに息切れしませんか? □

(同年代に比べて息切れしやすくないですか?)

3.風邪をひきやすい、または風邪が長引きやすいですか? □

 

グループ1.2.3のそれぞれ1つ以上にチェックがついた方は、健康な呼吸ができていないかもしれません。

早めに医師に相談しましょう。

 

<参考>

呼吸チェックシート
提供:グラクソ・スミソクライン株式会社
監修:東北大学医学部 呼吸器内科教授 一ノ瀬正和先生

 

 

 

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です