アンメット・メディカル・ニーズ(Unmet Medical Needs)

医薬品の業界ではよく使う言葉だが、一般にはなじみの薄い言葉に、

アンメット・メディカル・ニーズ

という言葉がある。

 

そのまま訳せば、

今の医薬品が、まだ十分に医療ニーズを満たしていない領域

ということ。

 

たとえば、

がんや認知症は、ますます患者数が増えていく病気だが、

未だに、これといった効果的な薬の少ない、

まさに、アンメット・メディカル・ニーズだらけです。

 

逆に、血圧や脂質異常、糖尿病などの薬は、比較的、医療ニーズを満たしています。

ただし、糖尿病の薬も、腎症や神経障害など合併症の薬は、まだ、アンメット・メディカル・ニーズの状態です。

 

新薬の候補のことを、パイプラインといいます。

製薬会社にとっては、アンメット・メディカル・ニーズが大きいものほど売れる薬であり、

その分野にパイプラインを持つことが強みになります。

 

アンメット・メディカル・ニーズの解消は、

莫大な投資を行う製薬ビジネスの成果でもあります。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です