インフルエンザワクチンは効果があるの

ワクチン

インフルエンザのワクチンを打っているのに、インフルエンザにかかってしまった。ワクチンは、毎年、打っているけど、本当に効果があるのだろうか?

そんな風に思っている方が、たくさん、いらっしゃると思います。

まず、インフルエンザは、インフルエンザウイルスが口や鼻あるいは眼の粘膜から体の中に入ってくることから始まります。体の中に入ったウイルスは次に細胞に侵入して増殖します。ワクチンはこれを完全に抑える働きはありません。

ウイルスが増えると、数日の潜伏期間を経て、発熱やのどの痛み等のインフルエンザの症状が出現します。インフルエンザワクチンには、この「症状」を抑える効果があります。

インフルエンザは、1週間ほどで回復しますが、中には肺炎や脳症等の重い合併症が現れ、ときに死亡することもあります。とくに、慢性の病気をかかえている方や、高齢の方では重症化する可能性が高くなります。インフルエンザワクチンの最も大きな効果は、「重症化を予防する」ことです。

国内の研究によれば、65歳以上の施設に入所している高齢者では34~55%の発病を阻止し、82%の死亡を阻止する効果があったとされています。また、全体では、インフルエンザワクチンの有効率は60%と報告されています。

結局のところ、インフルエンザワクチンは、接種すればインフルエンザに絶対にかからない、というものではありません。しかし、インフルエンザの症状を抑えたり、重症化の予防には効果があり、それが「ワクチンを打つ意味」だと考えます。

厚生労働省HP 「平成30年度インフルエンザQ&A」 2019/2/1閲覧
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html

ワクチン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です