ピロリ菌の胃炎を、保険で治す

ヘリコバクター・ピロリ菌が胃に感染すると、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、慢性胃炎などを引き起こし、胃癌の原因にもなることがわかっています。

これまで、保険でピロリ除菌ができるのは、粘膜の深いところまで傷ついた潰瘍になってからでした。

 

今回、ピロリ除菌の保険適応が、胃炎の患者さんに拡大され、早い時期に治療を行うことができるようになりました。

 

ただし、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎の確認に際しては、

1と2の両方を実施する必要があります。

 

1.ヘリコバクター・ピロリの感染を以下のいずれかの方法で確認する。

迅速ウレアーゼ試験、鏡検法、培養法、抗体測定、尿素呼気試験、糞便中抗原測定

 

2.胃内視鏡検査により、慢性胃炎の所見があることを確認する。

 

この検査で、ピロリ菌による胃炎が確認された場合、保険でピロリ菌退治ができるようになりました。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です