リハビリ病棟はどんな方が対象ですか

回復期リハビリテーション病棟は、

急性期の治療後にリハビリテーションを行い、自宅復帰を目指すために病棟です。

たとえば、脳卒中や骨折で入院になり、最初の治療が終わった後、

体の動きが不自由になったところを、リハビリで良くしてから退院するという流れです。

 

急性期病棟から回復期リハビリテーション病棟へは、

多くの疾患で、発症から2ヶ月以内に入る必要があります。

疾患によっては、1ヶ月以内のものもあります。

 

リハビリをじっくり行うために病棟ですから、保険の制度上、

点滴をずっと続けていたり、化学療法などの治療をしていたり、

認知症でそもそもリハビリの指示通りにできない場合などは、対象から外れてしまいます。

 

保険制度といえば聞こえは良いのですが、

結局は、対象外の患者さんを受けいれると、赤字になるような報酬体系になっているため、

病院としても、この制度に逆らうわけにはいきません。

 

回復期リハビリテーション病棟の対象と、病棟へ入るまでの期間、病棟での入院期間の上限を表にまとめました。

 

回復期リハビリテーション病棟の対象疾患

対象疾患 発症または手術から 入院期間
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄性多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症または手術後、義肢装着訓練を要する状態 2ヶ月以内 150日
  高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷および頭部外傷を含む多部位外傷 180日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折または2肢以上の多発骨折の発症後または手術後の状態 2ヶ月以内 90日
外科手術または肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後の状態 2ヶ月以内 90日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の神経、筋または靱帯損傷後の状態 1ヶ月以内 60日
股関節または膝関節の置換術後の状態 1ヶ月以内 90日

 

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です