処方せんのおかわりは、ご勘弁ください

コーヒーなどのおかわりのことを、リフィル(refill)といいますが、

今、検討されているのは、処方せんのリフィル。

これは、患者さんが医者の診察を受けることなく、

1枚の処方せんで、繰り返し薬局で薬を受け取る仕組みです。

 

すでに、アメリカでは、かなり以前に導入されています。

アメリカの場合は、日本と保険の仕組みも違い、

なかなか医師の診察を受けられず、保険会社が医療費を管理している中で、作られた仕組みでした。

 

この、リフィル処方せんを、日本でも導入することが検討されています。

 

日本では、医師が診察をして、副作用がないことや、効果が十分であることなどを判断して、処方せんを発行しています。

確かに、患者さんから見れば、どうせ同じ薬を処方されるのなら、診察を受けなくてもいいのではないか。

診察を受けなければ、料金も安くなるし、結局、ずっと、同じ薬をもらっているのだから。

という気持ちもわかります。

 

では、同じ薬でいいかどうかを決めるのは誰かというと、薬剤師の判断ということになります。

薬剤師が、患者さんの異常を聞き取って、薬のリフィルを決めるというのは、

医師としては、ちょっと納得できないかな、と思います。

開業医にとっては、大幅な減収になるでしょう。

 

医薬分業のもとで、病院や診療所で薬を処方する医師と、

調剤薬局で薬を管理する薬剤師との仕事が分断されているのが、現状です。

処方せんのリフィルが現実になるのかは別としても、

医師と薬剤師が患者情報を共有し、患者さんが薬を飲むところまでを管理していく、

医薬連携は、まだ不十分で、今後の大事な課題だと考えています。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です