施設への訪問診療は、1日1人

この4月から、医療機関の治療や診察料金、いわゆる診療報酬が改定されます。

医療機関の料金は、全国一律に国が決めた価格で、それが2年ごとに変わるのです。

そのたびに、医療機関は右往左往します。

 

今回の改定で驚いていることの一つが、在宅医療の料金です。

今まで、一つの施設に入居している人を、一日にまとめて訪問診療することが多かったのですが、

その料金がおよそ4分の1に減ることになりました。

 

一つの施設では、一日に一人を診察す場合は、以前と同じ料金です。

実質的には、一施設で一日一人まで、それ以上はディスカウントということになったのです。

 

施設には、当然、高齢で訪問診療が必要な方が、多く入居しているわけですから、

訪問診療のニーズが高いのですが、その料金が大幅に切り下げられたのです。

とくに、在宅医療を中心にしている開業医さんには、衝撃的な料金の改定です。

 

それにもまして、訪問診療を受けている患者さん方へのサービスが、

結局、減ることになってしまうのではないかが、心配です。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です