景気のカンフル剤

刺激薬とか、回復薬のような意味で、よく、カンフル剤という言葉が使われます。たとえば、景気のカンフル剤。

景気の危ない状況を逆転する、蘇生薬のような意味で使われているようです。

しかし、長いこと医者をやってますが、私は、いまだにカンフル剤なるものを使ったことがありません。

調べてみると、カンフルというのは、樟脳(しょうのう)のことだそうで、今の用途は防虫剤です。

医療用にも使われてはいるようですが、湿布などに炎症止めとして入っている程度で、メインの薬として使うことはありません。

相当前に強心薬として、使われたことがあるようですが、今、医者でカンフル剤を注射した経験のある人はいないでしょう。

アメリカでも、ヨーロッパでも、日本でも、世界中で、景気のカンフル剤が打たれていますが、いかにも、古くさくて、効きそうにありません。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です