職場のメンタルヘルス

先日、からだがきついので、調べて欲しいと、女性の患者さんが私の外来にやってきた。

聞くと、職場の労働時間が長く、不規則で、睡眠時間も2−3時間しかとれない日が続いているらしい。

念のため、採血検査で肝臓や腎臓、貧血のチェックをしたが、幸い、異常はなかった。

 

心身ともに疲れているようなので、心療内科の受診をすすめた。

職場環境の改善や、勤務の調整などが必要だろうが、

それを担当するのは、産業医という人たちだ。

私も資格はもっている。

 

大きい事業所には、産業医をおくことが義務づけられているが、

小さな事業所では、その余裕はないだろう。

 

それに、結局、産業医は会社から雇われているから、

雇用者と労働者の間に挟まれることになる。

 

労働環境、雇用はあまり改善している実感はない。

心を病んだ労働者をどう救って、職場に復帰させることができるのか。

産業医の仕事は、重要になっている。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です