顔の見える薬剤師さんとのつきあい方

昨日は、調剤薬局の薬剤師さんたちとの勉強会で、講師をさせていただきました。

 

近頃は、病院で診察しても、薬は院外の薬局でもらうことが、ほとんどです。

医者としては、処方せんは作っても、実際に薬を手渡すのは、顔も知らない薬剤師さんということになります。

 

薬のなかみや副作用、飲み方など、きちんと説明して、忘れず、間違わずに飲んでもらってこそ、薬の効果がでてくるのです。

ですから、薬の管理をしてくれる薬剤師のみなさんは、医療チームの中でとても重要な存在です。

 

病院と調剤薬局、診察してから薬を渡すまで、トータルで管理する視点が大事だなと感じた会でした。

 

 

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です