頭が痛い

頭痛は神経内科や脳神経外科が専門になりますが、一般の内科外来でもよくみかける病気です。

しかし単なる頭痛持ちと診断され、「市販薬でも飲んでなさい。」といわれることも多いようです。

頭痛には、いわゆる頭痛持ちの頭痛(医学的には筋緊張型頭痛といいます)以外にも、偏頭痛がかなり紛れ込んでいます。

偏頭痛にはトリプタンという効果の強いくすりが登場しています。

頭痛には蓄膿症(副鼻腔炎)などの耳鼻科疾患や、脳腫瘍や脳血管障害などの脳自体の異常、精神的な負担を背景としたものまで含まれていますので、その視点をもたない医者にはただの頭痛としか映らないわけです。

もちろん、重症で複雑な原因をもった頭痛は専門的な治療を必要としますが、頭痛持ちだから仕方がないとあきらめる前に、一度近くの医者に相談してみてはどうでしょうか。

最初の入り口になるのは内科、神経内科、脳神経外科のいずれでもかまわないと思いますが、頭痛の話をして頭をかかえる内科医は、それ以上話をしても仕方ありませんので、医者をかえた方が良いでしょう。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です