男の病気、前立腺肥大症

前立腺肥大症は40代から始まり、60代の半分以上、85歳までの9割に認められる男性特有の病気です。もちろん、前立腺は男だけの臓器ですから、女性にはおこりません。
前立腺は高齢になれば誰でも肥大してきます。現在、100万人以上の男性が前立腺肥大症と推測されます。膀胱からの尿道が肥大した前立腺によって押しつぶされ、尿がでにくい、尿の勢いがない、トイレにしょっちゅう行きたくなるなどの症状が現れます。
前立腺肥大症だけでなく、前立腺がんや前立腺炎などでも起こりますから、泌尿器科による専門的な診断や治療が必要です。日本では高齢化に伴ってますます増えていくでしょうし、高齢者のQOLを考える上で重要度を増していくと思われます。
医知場 「前立腺肥大症」

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です