早期胃がんと進行胃がん

胃の壁は5つの層に分かれています。がんは一番表面に近いところにできて、だんだんと深く広がっていきます。がんが深く広がるほど他の臓器に転移しやすくなり、進行したがんになります。
いわゆる、早期の胃がんは、胃の表面から2層目の粘膜下層までに広がりが止まり、さらに胃の回りのリンパ節に転移がないか、あっても胃に接したリンパ節までの止まっているものです。
リンパ節はがんの広がりをおさえる関門として働いていますので、胃から離れたリンパ節への転移があるほど、がんが進んだ状態と考えられます。
腹腔鏡手術とは、おなかを切り開かずに細い穴から通したカメラを見ながら、おなかの中で切除や縫合といった手術を行うものです。また、腹腔鏡で大半の手術を行い、最後の仕上げを小さな切開でおなかを開いて行う、腹腔鏡補助下手術もあります。
腹腔鏡を使った胃がんの手術は、体に与えるダメージが少なく、手術後の回復が早いというメリットがある反面、技術的にリンパ節をきれいに切り取るのが難しいので、すべての施設で標準的に行われているものではありません。
医知場 「胃がん」

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です