こっちの水

医学部の受験者が増えている。有名大の理系から、国公立の医学部へ流れているらしい。会社に就職すれば生活が約束されていた時代は、今は昔。学生には、更新もなければ年齢制限もない医師免許が、一生食べていけるパスポートに見えるかも知れない。しかし、医者の世界も大きな曲がり角に来ている。
かつて、医学部を卒業した学生は医局に所属し、そこで研修を受けた後、関連の病院へ派遣されていた。医局は派遣会社みたいなものだった。行きたくもない田舎の病院へ行かされることもあるが、就職は保証されていた。
いま、この医局制度は崩壊し、学生は自分の選んだ病院で研修を受け、仕事先を選べるようになった。自由である反面、自分のキャリアを自分で組み立てていかなければならない厳しさもある。医者の世界も自由競争の時代になった。だが、こっちの水も甘くはない。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です