病院の理念

最近では、どの病院も理念らしきものが入り口に飾られている。病院も会社と同じように組織としての目標を掲げようということらしいが、だいたいは「患者様の立場に立った最高最良の医療を提供します」といったものばかり。そんなの当たり前なのであって、その病院が他の病院とどこが違うのか、何を目指すのか、病院として、組織としてのビジョンを表現したものはあまり見かけたことがない。
ソニーが東京通信工業株式会社として設立されたときの有名な理念の一つが、「真面目ナル技術者ノ技能ヲ、最高度ニ発揮セシムベキ自由豁達ニシテ愉快ナル理想工場ノ建設」だった。病院でいえば、「医療従事者の技術を最高度に発揮させる、自由で快活な病院」ということだろう。
僕なら、「正直な病院」にする。患者、家族、職員に正直な病院。職員が技術を磨く環境をつくり、患者に正直な医療をすることが、最高の医療を選択することになると思っている。
ちなみに、うちの病院の理念はほとんど誰も知らない。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です