悪玉コレステロールは低いほどいい

コレステロールの数字は低すぎてもいけないんでしょ。外来でよく質問されます。
確かに、コレステロールは細胞の壁(細胞膜)、ステロイドホルモンや胆汁酸などの原料になる大事な成分です。しかし、コレステロールのなかでも、動脈硬化をすすめる悪玉コレステロールは低すぎていけないことはありません。最近のデータでは、むしろ低ければ低いほどいいと考えられています。ですから、これぐらいでいいと勝手に判断して中途半端な治療をするのは危険です。
とくに、糖尿病や高血圧のある人、一度脳卒中や心筋梗塞をおこした人など、動脈硬化の危険性が高い人は、悪玉コレステロールを十分に下げる必要があります。新しいコレステロールの薬は、少量で、副作用も少なく、十分に悪玉コレステロールを下げることができるようになりました。
The lower, the better
悪玉コレステロールは低いほど、いい。
医知場 「高脂血症」

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です