月経と片頭痛

片頭痛は女性に多い病気で、男性の約4倍の頻度といわれます。
これは、ホルモンや遺伝子の関係と考えられていますが、痛みに対する感受性が男性より高いことも原因となっています。
痛みの感受性は月経周期によって変化します。
たとえば、
片頭痛発作は、月経2日前から3日前までに多い。
妊娠中に改善し、分娩後に再発する。
経口避妊薬の休薬期におこる。
閉経後は改善する。
月経に関連する片頭痛は前兆がない、持続時間が長い、痛みが強い、薬剤が効きにくいなどの特徴があります。一種の生理痛として片づけられて、適切な治療を受けていない人も多いのが現状です。

写真なし

3 件のコメント

  • はじめまして。突然ですみません。
    私は7ヶ月前に子宮筋腫のため全摘手術をしました。
    なので、今は月経はありませんが、卵巣はあり、まだ閉経の時期でないので、女性ホルモンが出ているらしく、月1の割合で軽い頭痛みたいなものを感じます。
    月経が無くても生理痛みたいな事あるのでしょうか?
    女性ホルモンが出るとは、排卵されている訳で、でも、その卵子は いったいどこに?…、子宮が無ければ、妊娠の心配ないし…など、いろいろ わからない事ばかりで…。
    お忙しいと思いますが、くだらない質問で申し訳ありませんが、もし、お答え頂けたら ありがたいです。
    よろしくお願いします。
    (今、別の病気もあり 循環器科に掛かっています。)

  • マルリンさん、返事が遅くなり申し訳ありません。卵巣があれば、女性ホルモンの影響で頭痛が起こることはあると思います。排卵された卵子は卵管のなかで吸収されていくのでしょうが、くわしいことは専門の婦人科の先生にお尋ね下さい。

  • お返事 ありがとうございました。
    些細な事でも、一つずつ解って行くと、安心できます。
    私の場合、閉経はわからないまま更年期を迎えるでしょうが、静かにその時を待つことにします。
    また、このブログを見せて頂くと思います。
    これからも、よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です