ロコモはうまく動かない

ロコモティブ・シンドロームという言葉を聞いたことがありますか?
骨や関節、筋肉など体を動かす部品を、運動器といいます。
ロコモティブ・シンドロームは、この運動器の調子が悪くなり、体を動かすのが不自由になった状態です。
年をとれば、誰でも体の動きはぎこちなくなるのですが、適度な運動を続ければ、運動機能の低下を抑えることができます。
ロコモティブ・シンドローム、略して「ロコモ」
ロコモを早く見つけて、元気に長生きしましょう。
ロコモの自己チェック、ロコチェックをしましょう。
1.片足立ちで靴下がはけない
2.家の中でつまずいたり滑ったりする
3.階段を昇るのに手すりが必要である
4.横断歩道を青信号で渡りきれない
5.15分続けて歩けない
1項目でも当てはまれば、「ロコモ」の疑いがあります。
(参考:日本医師会総合政策研究機構報告書・東京都老人総合研究所報告書)

写真なし

2 件のコメント

  • 亀吉さん、コメントありがとうございます。片足での靴下はきは、筋力の強さだけでなく、柔軟性やバランスなど結構難しいと思います。ロコモ撃退のために、運動がんばってください。とかいいながら、ウォーキングのついでにワインを買いに行く不届きものの私でした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です