尿バッグが紫になる「紫色尿バッグ症候群」

寝たきりの患者さんや、手術後に体が動かせない患者さんには、尿道にカテーテルという管をいれて尿を出すことがある。

尿はカテーテルを通ってバッグにたまるようになっている。

尿の量が正確に知りたいときにも重宝する。

カテーテルをいれて数日たつと、バッグが紫色に変色することがある。

これを、「紫色尿バッグ症候群」ということを、看護師さんに教えてもらった。

尿がバッグの中で紫色になるのは、細菌で尿からインジゴという色素が作られるからで、この色素はプラスチックなどに付着しやすいので、尿バッグに色がついたままになる。

インジゴといえば、ジーンズに使われる色素と同系統だから、確かにしっかりした色が付くはずだ。

とくに、便秘の患者さんは、尿中のインジコの濃度が高くなりやすいので、紫色尿バッグ症候群が起こりやすい。

バッグが紫色になったからといって、あわてる必要はないが、便秘と尿路感染のサインとして注意をしましょう。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です