新型インフルエンザ vs 季節性インフルエンザ

最近、外来でインフルエンザワクチンのことを、よく聞かれます。新型と、毎年流行する季節性のインフルエンザのことが、ごっちゃになっているようです。
新型インフルエンザのワクチンは、現時点では、いつ手に入るか、まったくわかりません。
10月中旬から始まるワクチンは、季節性のインフルエンザ、毎年恒例の旧型のインフルエンザのワクチンです。新型インフルエンザのワクチンは、まだ、どこでも注射できません。
今年は、新型インフルエンザの生産のためか、ワクチンの供給量がいつもの8割程度です。近くの医療機関に早めに予約して、ワクチンを確保した方が良いでしょう。
<H21.10.20 追加>
新型インフルエンザワクチンの接種が、医療従事者から始まりますが、現時点では医療従事者分のワクチンの確保も十分でなく、実際、一般の方にどのような手順でワクチン接種を行っていくのか、情報が不確定です。きちんとした情報がでれば、ブログでもお知らせしたいと思います。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です