子宮頸がんはワクチンで予防する

子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)が原因になります。とくに、HPVの16型、18型はがんになりやすい危険なウイルスです。このウイルスは、性行為によって感染し、子宮頸がんの人のほぼ100%がHPVに感染しています。しかし、HPVに感染した人がすべて、がんになるわけではありません。低年齢での性交、喫煙、HPV以外の性感染症、多い妊娠回数などがリスクになり、感染から何年もかかって徐々に悪性のがんになっていきます。
日本では、毎年、1万5千人が子宮頸がんになり、3千5百人が死亡しています。子宮頸がんは、年々増加しており、とくに20-30代の若い女性の増加が目立っています。
子宮頸がんを予防するには、HPVの感染を予防することが重要です。HPV感染を予防するのが、子宮頸がん予防ワクチンで、日本でもようやく承認されました。
子宮頸がん予防ワクチンは、HPV16型、18型の感染を予防するワクチンです。対象は10歳以上の女性で、1回目から1ヶ月後、6ヶ月後の3回接種が必要です。初回の性交前の接種が望ましく、12歳前後で接種するのが理想的です。
もちろん、ワクチンだけでがんを完全に予防することはできません。ワクチンを打った後も、定期的な検診が必要です。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です