PETの得意、不得意

がんのPET検査は、がん細胞がさかんに増殖するときに糖をとりこむことを利用したものです。FDGという、糖に放射性物質をくっつけたものを注射して、FDGが集まったところをみつけます。CTやMRIは体を輪切りにした画像を検査しますが、PETはFDGががんに集まるという特性を利用した検査です。最近では、PETにCTを組み合わせたPET/CTによって、FDGが集まった場所をさらに詳しくみることができるようになりました。

本来、PETは他の検査でわかりにくい、癌の再発や転移をみつけることに最も威力を発揮する検査です。PETが出始めの頃は、この検査だけで癌が見つかるかのように宣伝されていたこともありますが、PETには見つけるのが得意の癌もあれば、そうでない癌もありますので、内視鏡や超音波検査などと組み合わせて検査をすることが大事です。

PETのがん検診ガイドラインから、PETが得意のがんとそうでないがんを列挙しておきます。

非常に有用:
頭頸部癌、悪性リンパ腫

有用性が高い:
肺癌、乳癌、膵臓癌、大腸癌、卵巣癌、子宮体癌

有用性は高くない:
食道癌、肝臓癌、胃癌、前立腺癌、子宮頸癌、腎癌、膀胱癌

 

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です