がんの予防

cancer_cell.gif

がん細胞は、正常な細胞の遺伝子に傷がつき、遺伝子の変異がおきた異常な細胞です。がん細胞は際限なく増え続け、いろいろな臓器に転移する力を持っています。

喫煙や食事などの生活習慣は、正常な細胞の遺伝子に傷をつけ、がん細胞が増えていくのを促進する作用があります。がんは、生活習慣病としての側面を持っているのです。

がんの原因になる生活習慣として最大のものが、「たばこ」と「食事」です。がんの原因の6割は、たばこと食生活が関与していると考えられます。

gann_cause.gif

たとえば、胃がんは南九州で少なく、東北地方で多い傾向にあります。これは、塩分の摂取が多い地域に胃がんが多発することを示しています。

大腸がんは、牛肉などの赤身肉やソーセージ、サラミなどの保存肉をよく食べる人、肥満の人に多い傾向にあります。

食道がんは飲酒と関係があり、とくに飲むとすぐ顔が赤くなる人、体質的にアルコールに弱い人に多く、熱い飲食物を好む人にも多いといわれます。

このように生活習慣とがんの発生は密接に関係しています。さらに、野菜や果物を多くとる人、運動の習慣がある人では、がんの発生が低下することも明らかとなり、がんの発生を抑えるためには生活習慣の改善が有効であることが、科学的に証明されています。

がんの予防、がんのリスクとなる生活習慣をまとめています。とくに色の濃いところが、生活習慣とがんの関係が深いところです。

   








野菜・果物                
緑黄色野菜                
食物繊維                
緑茶                




喫煙                
飲酒                
塩分                
油脂・肉類                
焼肉・焼魚                
運動不足                
肥満                

 

 
ほぼ確実な予防要因
 
予防要因の可能性あり
 
確実なリスク
 
ほぼ確実なリスク
 
リスクの可能性あり

(喫煙と健康問題に関する検討会報告書 2002、日本がん疫学研究会がん予防指針検討委員会 1998)

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です