甲状腺癌と腫瘍マーカー

甲状腺癌のなかで、髄様癌は、血液中のカルシトニン、CEAが上昇するので、腫瘍マーカーとして使われます。

しかし、髄様癌の頻度は低く、全体の1.5%ほどで、甲状腺癌のすべてを診断するような腫瘍マーカーはありません。

また、CEAやカルシトニンも、診断の補助、術後の経過観察、再発の監視のために使われるもので、腫瘍マーカーだけで診断できるものではありません。

甲状腺癌は、病理組織学的に

  • 乳頭癌
  • 濾胞癌
  • 未分化癌
  • 髄様癌
  • 悪性リンパ腫
  • に分類されます。

以下に、各組織型ごとに特徴をまとめました。

乳頭癌

甲状腺癌の中で最も頻度が高く、全体の90%
リンパ節転移が多い
男女比は1:7-8
術後10年生存率は90%、予後は良好

濾胞癌

10年生存率が約80%、
血行転移が多い
さらに、微小浸潤型と広汎浸潤型に分類され、後者の予後は悪い

髄様癌

甲状腺悪性腫瘍の約1.5%
腫瘍マーカーとして、血液中のCEA、カルシトニンが上昇する
遺伝性の髄様癌に、
遺伝性の多発性内分泌腺種症(multiple endocrine neoplasia:MEN)、
家族性髄様癌(familial medullary thyroid carcinoma:FMTC)
がある。
MENでは、副腎褐色細胞腫や副甲状腺過形成を合併することが多い。
MEN2Aでは、RET遺伝子の変異を認める。

未分化癌

全体の2-3%
高齢者、男性に多い
ほとんとが乳頭癌からの転化
予後は不良

悪性リンパ腫

橋本病の人に多い
Gaシンチグラムで陽性、超音波検査で低エコー像を呈する

 

<参考>
日本内科学会雑誌 特集「甲状腺疾患」 2010年4月号
NCCN    http://www.nccn.org/
National Cancer Institute    http://www.cancer.gov/

 

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です