料金の明細書はもらえますか

いまでも、病院や診療所の料金の明細はもらえるのだが、注射が○点、投薬が○点、合計○点、という簡単なのものだ。まあ、これでも、以前の値段だけという領収書に比べればましなのだが。

今年の4月からの診療報酬改定で、さらに詳しい明細書の発行が原則として義務づけられる。原則としてというのは、現在、料金の計算をコンピューターで行っている医療機関ということ。料金の明細書をレセプト、レセプト用のコンピューターをレセコンというので、レセコンの導入されている医療機関では、明細書を無料で発行してくれるはずだ。

厚生労働省の指導では、患者から求めがあった場合、詳細な個別の点数項目がわかる明細書を発行することとあるので、患者さんから何も要望がなければ、詳しい明細書は発行する義務はない。さらに、明細書発行機能のないレセコンを使用している、自動入金機の改修が必要な場合、などは、費用を実費で徴収できるとのただし書きもあるので、しばらくは、それぞれの医療機関の事情では対応が遅れることもあるだろう。

写真なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です